» 日本における美容整形

日本における美容整形

日本では、昭和初期になってから美容整形が行なわれるようになりました。
町医者と呼ばれる開業医の存在によって、ヨーロッパから伝えられた技術を独自に研究、実践して、技術を高めていきました。

日本では戦後になって欧米文化が流入してきたことで、女性の中では高い鼻、二重まぶたについて憧れを持つような人が増加し、それによって美容整形の需要も急激に高まることになります。